日韓関係の歩き方(한일 관계를 걷는 방법 )

管理人 赤井五朗(관리인  아카이 고로)

TOPIKⅡ(韓国語能力試験)の作文が愚問ばかりなのはなぜ?

f:id:akaigoro:20210524102029j:plain

 TOPIKⅡの作文は効率的な勉強法がわからない。愚問が多くて辟易するのだ。

 特にあきれたのがこの問題で、「誰からも必要とされる人材はどんな人ですか。」「どんな人が人材ですか。」の2点について書けというのだが、”人材はどんな人か、どんな人が人材か”と同じことを言い換えているだけ。何を書けというのだ。

 

f:id:akaigoro:20210524103054j:plain

 そして模範解答がトホホで、この「スーパーヒーロー」には悲しみさえ感じる。こんなのを書くのが韓国語の上達とは到底思えない。日韓関係が悪化した今、韓国に興味を持つ日本人を増やすためにも出題には気をつかってほしい。

 

f:id:akaigoro:20210524103352j:plain

 今回の参考資料はこれ。前回はあと5点で3級合格だったので、今度こそ受かるようなんとかやってみる。

 

今年の「ほけんの窓口レディース」は無観客開催

f:id:akaigoro:20210501200040j:plain

 去年は開催中止で、今年こそはと思っていたら無観客開催だった。今年こそ、キム・ハヌルにサインをもらおうと意気込んでいたのに残念だ。

 韓国語を使える数少ない機会で、しかも人気ゴルファーと韓国語で話せるチャンスがなくなってしまった。いつまでこんなことが続くのだろうか。また、イ・ボミ、アン・シネ、イ・ミニョン、キム・ハヌル、申ジエを目の前で見たい。

 

海東龍宮寺行きのバス停はどっち?

f:id:akaigoro:20210119230858j:plain

「チョギヨ」と話しかける

 旅行前に調べたとおり、海雲台駅7番出口を出た。とりあえず道路を渡り、お寺の前の乗り場に行くが、海東龍宮寺行きのバスは上りなのか下りなのかわからない。

 「人に話しかけるときはシルレハムニダと言ってはいけません。チョギヨです」

韓国語の先生の言葉どおり、近くにいたじいさんに「チョギヨ、ヘドンヨングンサエ カゴシプンデヨ」(すみません、海東龍宮寺に行きたいんですが)と質問すると、男性は「あっち」と反対側のバス停を指さした。

 

f:id:akaigoro:20210119231911j:plain

 道路真ん中の乗り場に来たバスに乗り込む。センサーにCASH BEEをかざして、ユウさんが「バスでも使えるんですね。勉強になりました」と感心する。

 

 

 車内のラジオでF.R.デイビッド「Words」が流れていた。あの旅行からもう1年も経ってしまった。コロナと騒ぎだすのはこの1か月後である。 

沢田研二は韓国人?

f:id:akaigoro:20201215223028j:plain

 先日の忘年会、韓国人のママさんは昭和の歌謡曲が好きだった。「沢田研二とかどうですか?」と聞くと、ママさんは「沢田研二は韓国人よ」と言う。先生も「そう、沢田研二は韓国人」と言った。私が「時の過ぎゆくままに」を歌うと、二人はノリノリで聴いていた。

 沢田研二が韓国人だという噂はネットにもある。真偽は不明だが、ママさんと先生が信じていることは事実である。そして、ママさんはこうも言っていた。「沢田研二は太った」

韓国人がいしだあゆみ「ブルー・ライト・ヨコハマ」を好きなのはなぜか?

f:id:akaigoro:20201210214929j:plain

 韓国で有名な日本の歌は、いしだあゆみ「ブルー・ライト・ヨコハマ」と五輪真弓「恋人よ」だと本で読んだ。

 韓国語の先生と生徒たちで忘年会がてら、韓国人のママさんがやっている飲み屋に行ったときにこのことを聞いてみた。

 ママさん言わく、「昔の韓国の人は『ブルー・ライト・ヨコハマ』好き」とのことだった。「恋人よ」のことはわからなかったが、カラオケで私が「ブルー・ライト・ヨコハマ」を歌うと先生とママさんはノリノリだった。

 

韓国人が「ブルー・ライト・ヨコハマ」を好きなのはなぜか?

 釜山出身の先生は、「韓国人は、大阪とか日本の港町に親しみがある」と言う。釜山から日本にはフェリーで来ることもあるし、その理屈もわからなくもない。とにかく、昭和の日本の歌謡曲が韓国人にウケているのは確かなようだ。国民同士は日韓関係がどうなろうとうまくやっているのである。

『鬼滅の刃』聖地巡礼で別府に行って、久しぶりに六盛の冷麺

f:id:akaigoro:20201207205304j:plain

 別府に行ったのは何年ぶりだろうか。コロナ騒動で旅行自体していなかった。

 

 

 八幡竈門神社に行き、別府駅に戻る。帰りのバスの時間までに何か食べておきたい。「六盛」は駅から近かったはずと思い、商店街をウロウロして、行列を発見。相変わらずの人気だ。 

 

 別府には3年ぐらい来てなくて、久しぶりの六盛である。

 

 中華そばもあったが、韓国語を学ぶ者なら冷麺に行くしかない。バスまでの時間が気になり、特盛を注文したいところを大盛にしておく。パーティションにご時世を感じる。

 

 うまい! コリコリの麺にかぶりつく。前に食べたときのことは、あまり印象に残っていない。麺はパワーアップした気がする。スープは少し辛くなったかも。次に来たときは特盛をぜひ試したい。

 

 別府は冷麺に限る。また別府に来て、胡月とアリランの冷麺も食べたい。青春18きっぷを買ってしまおうか検討中である。